適正価格の葬儀をするには

終活を始めた母親と共にセレモニーホールを訪れました。父親、伯父、伯母、いとこと、何度か葬儀を経験し一通りの事は知っているつもりでいましたが、いざ自分が執り行う立場になると全く違っていました。会場に合わせた大きさの祭壇がいくらなのか、脇に飾る花も種類によって値段が変わり、棺の上の花はオプションだったり、お供え物も様々で値段も変わります。お通夜から式まで同じ会場でするのか別会場にするのか、食事はどうするのか、母の希望を聞きながらざっと計算してみると想像以上の金額で驚きました。ただ、個人宅でする手間を考えると細々とした事を代理でしてもらえるので、有り難いのも確かです。昔は近所の人たちが手伝ってくれていた事をサービスとして提供してもらう訳だから、それなりの金額になるのは当然かも知れません。納得の行くサービスと納得出来る価格を求めて日々勉強です。まだ終活は始まったばかりです。

葬儀の価格は故人への感謝の気持ちです

葬儀の価格は、相場では100万円前後と言われています。実際の葬儀屋に聞いても、同じ様な返答がありました。しかし、その中味を見てみると、意外とプランが選べる様になっています。私自身もこんなに選択肢があるのかと感じました。通夜では、まず行うのか行わないのか、この辺も費用や家族の意向で選択出来ます。この部分は、知人を呼んでの通夜を行う事が、当たり前ではない時代である事を感じています。そして告別式では、今はメモリアル映像をオプションで作成してくてる葬儀屋もありました。告別式は、ご家族中心と言う事で、手厚いオプションなども用意されています。火葬なども、予算的や場所などの都合で、斎場を自由に選べる事も出来ます。私自身が思っている葬儀と、今の形は随分、柔軟に変化したなと言う感想があります。あらゆる宗教にも対応している所も多い様です。これから高齢化社会に入り、どういう形が故人への感謝の形となるのかを選べる時代なのではないでしょうか。

納得の葬儀の価格で送り出す

人生の終わりは誰にも等しく訪れます。その際に故人の親族が中心となって送り出すのが葬儀です。もちろん長い闘病の期間があるなど、やがて葬儀の時期が訪れることが想定できてしまう場合もあります。しかし全く突然の場合も多く、準備が一切できていないこともあります。突然の場合、特に業者に任せてしまい、後から高額な請求が来るということもいまだにあります。たとえ突然のことであっても、適正な費用の支払いで済ませたいと願います。その為には葬儀の価格の相場を確かめてから依頼するべきです。もちろん業者によって差はありますし、どのようななプランにするかでもかなり価格に影響があります。ももちろんただ費用面だけでなく、納得の出来る送り出し方にすることもとても重要な要素といえます。故人にとっていい形を選ぶようにぜひともしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*